こんな観光協会があってもいいでしょ?

【メールで連絡がつかなかったので、期間限定でこちらへ掲載】

仙台からメールいただいたあなたへ

ご連絡ありがとうございます。
中田島砂丘観光協会の松下と申します。
せっかくお問い合わせいただきましたが、当会は観光をメインにしているものでなく、地域資産としての中田島砂丘を次世代につなげていくために活動をしているものです。
まぎらわしくて誤解を与えまして申し訳ありません。

実は中田島砂丘は観光地ではありますが、観光業者はいません。
ですので、オリジナルのパンフレット等は、当会にも他にないのが現状です。

浜松市観光・シティプロモーション課にお問い合わせいただければ、浜松の観光パンフの中に一部記載があるはずなので、資料になると思います。
電話番号 053-457-2295
e-mail kanko@city.hamamatsu.shizuoka.jp

私は別の仕事をしていますが、お時間が合えば、中田島砂丘を案内させていただきます。
普通にはない景色がそこにありますので、ぜひお越しください。
お待ちしております。

浜松の顔

中田島砂丘は新幹線が止まる浜松駅から、車で15分のところにあります。 駅から真っ直ぐ南へ。 新幹線の改札を出ると、案内サイン

10/7の夕日

「椅子と惑星」は明日。 昼間は暑いのだが、日が落ちるのがすっかり早くなってきた。 17時30分にはもう太陽の姿は見られない。

波打ち際注意

10.08(月・祝)に行われるアートワークショップイベント「椅子と惑星」。 中田島砂丘の魅力のひとつ、太平洋を望む海岸線。多

打ち合わせ

10月3日(水) 鴨江アートセンターにて、ワークショオプに参加してくれるとアーティストたちと打ち合わせ。彼らがどのよな動きを

打ち合わせ

10月3日(水) 鴨江アートセンターにて、ワークショオプに参加してくれるとアーティストたちと打ち合わせ。彼らがどのよな動きを

波打ち際注意

10.08(月・祝)に行われるアートワークショップイベント「椅子と惑星」。 中田島砂丘の魅力のひとつ、太平洋を望む海岸線。多

打ち合わせ

10月3日(水) 鴨江アートセンターにて、ワークショオプに参加してくれるとアーティストたちと打ち合わせ。彼らがどのよな動きを